えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

斎藤茂吉の死を悲しむ
さいとうもきちのしをかなしむ
作品ID60885
著者吉井 勇
文字遣い旧字旧仮名
底本 「近代作家追悼文集成 第三十四巻」 ゆまに書房
1997(平成9)年1月24日
初出「短歌研究 第十卷第四號」日本短歌社、1953(昭和28)年4月1日
入力者ネコステ
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-02-25 / 2022-01-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


友の死を聞きししばらく京の夜の炬燵もさむくもの言はずけり

觀潮樓歌會に寄りし友おほく世を去りたるにわが茂吉また

如月の下浣の童馬忌來るごとに京の寒さもうべとおもはむ

われやなほ無頼なりしよ「赤光」のおひろの歌を愛でたるころは

淺草の觀音堂ををろがめる友の寫眞を取り出かなしむ

うで玉子買ひたる歌をおもふとき淺草夜空目にうかび來る

寛左千夫信綱茂吉と膝並めて歌つくりしも明治の末か

長崎に陳玉といふむすめゐて友と往きしもおもひでとなる

友の死を聞きて門邊にわれ乞へど遊行念佛僧いまだ來らず

二月堂の水取ちかし友の死をおもへばいとど寒さきびしく

友われの手を握りつつもの言ひし去年の最後のかの日思ふも

四十年を越ゆる交り思ひ居れば如意嶽おろし吹きてかなしき

京都にも君の弟子ゐてその死をば宗碵茂樹かなしみてゐむ



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko