えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

地なる響
ちなるひびき
作品ID60899
著者岩野 泡鳴
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の詩歌 26 近代詩集」 中央公論社
1970(昭和45)年4月15日
初出「国詩 第五号」1905(明治38)年7月10日
入力者hitsuji
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-05-09 / 2022-04-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


暗き 浜辺 を たどり来たり、
水際 真近く 砂 を 握る。
握る 真砂 の もろき うちに、
闇の力 は その尾 振ひ、
手 をば つたひて 胸に 響く。

君よ、御空 の 星 を 説きて、
地なる ひゞき を 忘る勿れ、
遠き 深み の 浪 は 寄せて、
幾重 打ちては 畳む 砂 ぞ。
たとへ もろく ぞ 砕け去りて、
手 には 残れる 形 なくも、
永劫 の 憂ひ を 布くは 如何に。

暗き 浜辺 に 砂 を 握り、
君に 云ふべき事 ぞ 多き。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko