えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

御霊うぶや
みたまうぶや
作品ID60900
著者岩野 泡鳴
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の詩歌 26 近代詩集」 中央公論社
1970(昭和45)年4月15日
初出「新小説 第十一年第三巻」春陽堂、1906(明治39)年3月1日
入力者hitsuji
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-01-20 / 2021-12-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


うごめく は これ 何者 ぞ、
牢獄 に 等しき 闇 を――
ひとつ か と まなこ 据うれば、
その数 は 増して 行く なり、
まとへる ぞ みな 墨ごろも――
黒法師――無為 の 行列。
暗き より 暗き に 入りて、
かへり見る 光 だに なし。

わが霊 の なやむ 産屋 か。
相向ふ かゞみ の 法師、
相映り、幾多 生まるゝ
代 の かげ の 並ぶ その脊 よ。
その脊 をば いくつ 越ゆとも、
この 無言、つひに 死 ぞ なき。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko