えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

新秋の記
しんしゅうのき
作品ID60957
著者木下 夕爾
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の詩歌 26 近代詩集」 中央公論社
1970(昭和45)年4月15日
入力者hitsuji
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-09-03 / 2022-08-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


台所の片隅から吹いてくる
あの風ももう秋だ
白い皿の
新豆腐のようにおどろきやすいこころよ

裏の林にきて
しばらく夕焼をながめている
川瀬の音
秋風の音

子どものために
わくら葉ひろつてふところにする
わくら葉にも美しい夕焼がある

もう走り穂がかぞえられ
みちばたにこぼれ生えの刀豆も
青い莢を垂れている
一列にうす紅い実がならんでいる



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko