えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

許南麒の詩のように
きょなんきのしのように
作品ID60987
著者中野 鈴子
文字遣い新字新仮名
底本 「中野鈴子全詩集」 フェニックス出版
1980(昭和55)年4月30日
初出「ゆきのした 第二号」1951(昭和26)年6月25日
入力者津村田悟
校正者かな とよみ
公開 / 更新2022-11-17 / 2022-10-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


「詩とたたかいとは
もはや 朝鮮において 区別出来ず
たたかいと 詩とは
もはや 朝鮮では二つのものではない
若し朝鮮の詩人の名のすべてを聞く人
愛国者の名を聞く人があったら
すべての朝鮮の人民の名を
のこらず 挙げよう」  (許南麒の詩)

我がサークルの仲間たち
田をおこす 土方をしている
洋服屋へ 通うている
下駄屋 古着屋
奨学資金で 大学にいるもの
そして 刑務所にいる 我がサークルの仲間たち

我らの机とペン
ペンも 机も ありやなし
出がけに走り書きする 立て膝で
夜 ねむりをぬすんで書く
ガリバンを刷る ツバメのように

詩と 生活と たたかいと
われわれにも 区別がない
詩と生活と たたかいと 手をつかみあって進んでゆく
人民の胸と手と

許南麒の詩のように
朝鮮人のように人民の胸と手に



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko