えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

水のほとりに
みずのほとりに
作品ID60992
著者三富 朽葉
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の詩歌 26 近代詩集」 中央公論社
1970(昭和45)年4月15日
初出「自然と印象 第一集」自由詩社、1909(明治42)年5月10日
入力者hitsuji
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-08-02 / 2022-07-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


水の辺りに零れる
響ない真昼の樹魂。

物のおもひの降り注ぐ
はてしなさ。

充ちて消えゆく
もだしの応へ。

水のほとりに生もなく死もなく、
声ない歌、
書かれぬ詩、
いづれか美しからぬ自らがあらう?

たまたま過ぎる人の姿、獣のかげ、
それは皆遠くへ行くのだ。

色、
香、
光り、
永遠に続く中。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko