えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

ピアノ
ピアノ
作品ID60993
著者三富 朽葉
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の詩歌 26 近代詩集」 中央公論社
1970(昭和45)年4月15日
初出「文章世界 第五卷第五號」博文館、1910(明治43)年4月15日
入力者hitsuji
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2022-08-02 / 2022-07-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


顫へては何処へか咽び入り
跡かたもないメロデイよ、
淡蒼い影を揺かす
おまへの指は絶間なく咽び入り、
しなやかな幻にとり縋る。

真白い指の王国は
恣まな圧制を
虐げの歌を掻き鳴らす、
薄明りの上に輝いて
裂けて死ぬ光りのなげき。

けぶりのやうな明るみへ、
秘密を探る指の白よ、[#「白よ、[#改行][#改行]」は底本では「白よ、[#改行]」]

四阿のにほひと色彩に埋められて、
私の心は幾度も幾度も生き死ぬ。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko