えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

「大国主命」
「おおくにぬしのみこと」
作品ID61116
著者坂口 安吾
文字遣い新字新仮名
底本 「坂口安吾全集16」 ちくま文庫、筑摩書房
1991(平成3)年7月24日
初出「読売新聞 第二六七八三号」1951(昭和26)年7月9日
入力者持田和踏
校正者ばっちゃん
公開 / 更新2022-10-06 / 2022-09-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 どの時代も興味深いが、今が戦争のあとで同時に戦争の前夜のようでもあるから、今に通じている時代に特にひかれるが、実は案外にも、日本の歴史は神話以来一貫して、乱世にまた現代に通じているようです。全然戦争などということにとりあわずに大らかな敗北ぶり無関心ぶり風流ぶりを残している大国主のミコトのようなノンキな大人物は異風(威風と言いたいが)堂々。概して神話や上代は現代のマーケット興亡史に類似していますね。どの時代も今と同じようにコセコセもしているし、無邪気でもない。どの時代を扱うにしても、歴史小説というものは、いつの世もコセコセと無邪気ならぬ人間の仕業に明るい夢を織りこんで涼しい風を吹き流したいな。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko