えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

神童でなかったラムボオの詩
しんどうでなかったラムボオのし
作品ID61160
副題中原中也訳『学校時代の詩』に就て
なかはらちゅうややく『がっこうじだいのし』について
著者坂口 安吾
文字遣い新字新仮名
底本 「日本文化私観 坂口安吾エッセイ選」 講談社文芸文庫、講談社
1996(平成8)年1月10日
初出「椎の木」1934(昭和9)年3月1日
入力者持田和踏
校正者noriko saito
公開 / 更新2022-10-22 / 2022-09-26
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 私は中原が訳すまで、ラムボオに『学校時代の詩』というもののあることを知らなかった。仏蘭西の全集には載っていないものである。日本流に数えて十五歳から十七歳までの作品らしい。
 私は今までラムボオは神童だったに違いないと考えていたが、この詩集を読んでみると私の考えがまちがっていたことに気付いた。大人びたところがまるでない。その上、神童らしい神童の鋭さもない。だから後年やや長じて、ひとたび懐疑の真底へぶつかるや、まっさかさまに地獄へ墜落していった荒々しいのたうちが尚よく分った気がした。実を言うと、私は神童なぞは凡そ面白くもないのである。
 此の詩集の時代のラムボオは平凡な少年詩人だったと言っていい。これは悪い意味に言っているのではなく、寧ろ後年の振幅を理解させるに充分なほど大きな平凡であったとの意である。十五歳の詩は全く十五歳の感傷に終始しているし、十六歳の最初の詩は甚だ厭世的であるけれども、それは形が厭世的であるだけで深さも鋭さも全く十六歳の少年そのものである。鋭い狙いもない。いわば彼のこの時代は少年詩人的な好奇心がすばらしく旺盛であるだけである。感覚も平凡であるし神経はむしろ鈍い。いわば形でこしらえた贋物といっていいが、あらゆる点に於て贋物の形が大きい。贋物としては本格的である。従而、やがて後年ひとたび真実の形にはいると、全身をもって物の真底にふれ懊悩しだした麒麟児の姿がハッキリ分るように思うのである。神経の細い鋭さではなしに、いきなり全郁的に投げ込むように物の奥底へふれていった荒々しいのたうちが分るのである。ラムボオは十八歳頃からそろそろ大人になったのであろう。いわば早熟な芸術家ではあったが、神童ではなかったらしい。凡そ神童とは反対に、脱皮の時機が来るまでは、常人の頂点を歩いて育っていったものだと思われる。私は中原の訳詩を読んでそう思ったのである。そして、このことから、後日のラムボオが尚よく理解できたように思えた。
(「椎の木」昭和9年3月1日)



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko