えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

七里ヶ浜の哀歌
しちりがはまのあいか
作品ID61186
著者三角 錫子
文字遣い新字新仮名
底本 「日本唱歌集」 ワイド版岩波文庫、岩波書店
1991(平成3)年6月26日
入力者かな とよみ
校正者The Creative CAT
公開 / 更新2023-01-23 / 2023-01-22
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


一 真白き富士の根 緑の江の島
  仰ぎ見るも 今は涙
  帰らぬ十二の 雄々しきみたまに
  捧げまつる 胸と心

二 ボートは沈みぬ 千尋の海原
  風も浪も 小さき腕に
  力もつきはて 呼ぶ名は父母
  恨は深し 七里が浜辺

三 み雪は咽びぬ 風さえ騒ぎて
  月も星も 影をひそめ
  みたまよ何処に 迷いておわすか
  帰れ早く 母の胸に

四 みそらにかがやく 朝日のみ光り
  暗にしずむ 親の心
  黄金も宝も 何しに集めん
  神よ早く 我も召せよ

五 雲間に昇りし 昨日の月影
  今は見えぬ 人の姿
  悲しさ余りて 寝られぬ枕に
  響く波の おとも高し

六 帰らぬ浪路に 友よぶ千鳥に
  我もこいし 失せし人よ
  尽きせぬ恨に 泣くねは共々
  今日もあすも 斯くてとわに

――明43・2発表



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2023 Sato Kazuhiko