えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

もしも世界
もしもせかい
作品ID62103
副題マンダプーツシリーズ 第1回
マンダプーツシリーズ だいいっかい
原題The Worlds of If: Manderpootz Series
著者ワインバウム スタンリー・G
翻訳者奥 増夫
文字遣い新字新仮名
初出1935年8月
入力者奥増夫
校正者
公開 / 更新2023-01-03 / 2022-12-31
長さの目安約 27 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 スタテン島空港へ行く途中で停止して、電話したのが間違いなく失敗だった。別な機会にできたのに。だが、空港は愛想よかった。係員が言った。
「出発を5分待ちましょう。これが私どものできる精いっぱいです」
 そこで、タクシーに大急ぎで戻って、3速でぶっ飛ばし、彗星のようにスタテン橋に突っ込み、鋼鉄の虹橋に踏み込んだ。
 モスクワで開催されるウラル・トンネル入札式に、夜の8時までに間違いなく出席しなければならなかった。
 政府は入札代理人の出席を求めたが、俺を出張させるなんて、会社はもっとよく考えなくちゃ。俺はディクソン・ウェルズ、会社はN・J・ウエルズコーポレーション、つまり父のだが。
 俺には何事にも遅刻するという悪い評判があった。いつも何かしら起こって、時間到着を妨害する。
 決して俺の落ち度ではない。今回は恩師のハスカル・ヴァン・マンダプーツ物理学の老教授に会える機会だった。
 先生に会えたら、単に、やあ、さようなら、じゃ済まないだろう。2014年の学生時代は先生の寵児だったのだから。
 案の定、定期旅客機に乗り遅れた。スタテン橋の途中で発射轟音が聞こえ、ソ連のバイカルロケットがゴーッと上空を長い炎を引きながら曳光弾のように飛んで行った。
 会社はとにかく契約した。ベイルートの社員を引っ張ってモスクワへ飛ばせたが、俺の評判はガタ落ち。
 しかしながら、夕刊を見たら、すごくいい取引をした気がした。
 バイカル機が嵐を避けるために、東境界線の北端を飛んでいる時、イギリスの貨物機と翼が接触し、乗客500人のうち100人を除く人命が失われたという。
 俺はもう少しで残酷な意味『故・ウェルズ氏』になるところだった。

 次の週、マンダプーツ老教授と約束できた。教授は新物理学、つまり相対性物理学部長として、ニューヨーク大学に移籍したようだ。
 教授にはその資格がある。老教授は、いるとしたら過去に1人、そして今なお天才だ。俺は大学を出て8年経つが、技術教育課程で微積分とか蒸気ガスとか機械などの6つの関門より、教授の授業のほうがずっと記憶にあった。
 というわけで、火曜日の夜、1時間ばかり遅れたが、実を言うと、夜まで約束を忘れていたからだ。
 教授は昔同様の散らかった部屋で、本を読んでいた。
「ふーん、時はすべてを変えるが癖は別だな。ディック、君はいい学生だったが、思い起こせばいつも講義の半ば頃来ていたな」
「直前まで東棟で受講していました。とても間に合いそうにありませんでした」
「そうだな、君も時間を守る努力をする時だ」
 教授は小言を言ってから目を輝かせて、時間、と叫んだ。
「時間という言葉は言語の中で最高に魅力的だ。会話の冒頭で5回も使ったが更に6回、7回と使う。お互い時間は理解できるが、科学は時間の意味を研究し始めたところだ。科学か? わしが学び始めたということじゃ…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2023 Sato Kazuhiko