えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

反抗
はんこう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「豊島与志雄著作集 第一巻(小説Ⅰ)」 未来社
1967(昭和42)年6月20日
初出「国民新聞」1921(大正10)年8月4日~11月25日
入力者tatsuki
校正者松永正敏
公開 / 更新2008-10-14 / 2014-09-21
長さの目安約 285 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     一

 井上周平は、隆吉を相手に、一時間ばかり、学課の予習復習を――それも実は遊び半分に――みてやった後、すぐに帰ろうとした。其処へ保子が出て来て、心もち首筋から肩のあたりへしなを持たせた様子と、かすかに開いた唇から洩れる静かな含み声とで、彼を呼び止めた。
「井上さんちょいと!」
 例のことだな、と周平は思った。そして、月の最終の日だということに妙な憚りを置いて、すぐに帰ろうとした自分の態度が、自ら卑屈に感じられた。
 彼は少し顔を赤めながら、保子の後について茶の間へ通った。
「今日は急ぐんですか。」
「いいえ、別に……。」と周平は口籠った。
「そんなら、ゆっくりしていらっしゃいよ。いま珈琲でもいれますから。」
「ええ」と彼は答えたが、一寸極りが悪かった。そして、腰を立てようか落着かせようかと思い惑っていると、真正面から保子の言葉が落ちかかった。
「あなたはまだ、妙な遠慮をしてるのね。」
 小さくはあるが、奥深く澄み切った眼で、じっと顔を見られると、周平は度を失ってしまった。仕方なしに眼を伏せて、頭を掻いた。
 保子は更にいい進んだ。
「何も遠慮することはないでしょう。隆吉の面倒をみて下すってるんだから、私共からそのお礼を差上げるのは当然じゃないの。もし私共の方で忘れたら、進んで云い出して下さる位でなければ、いけないわよ。それなのに、月末だからといって、すぐに逃げ出そうとしたりして、ほんとに可笑しな人ね」
 最後の言葉に少し浮いた調子があったので、周平は漸く落着くことが出来た。
「でも、金のことは何だか厭ですから……。」
「だからあなたは、お金に縁がないのよ。」
 そう押被せておいて、彼女は調子を変えた。
「国許から送って来るだけで、どうにか間に合いますか。」
「ええ。然し全くの所、どうにかという程度です。」
 彼は冗談のようにして云った。
「でもねえ、」と保子はやはり前の調子で云い続けた、「もし不自由なことがあったら、いつでも仰しゃいよ。隆吉のことをお願いしたのだって、ただであなたを補助するのも悪いから、ほんの名目だけだと、横田もそういうつもりですから。……一体あなたは、余り遠慮深すぎていけないわ。これから、すっかり明けっ放しで、遠慮なしにしましょうよ、ねえ」
 しみじみとした感傷に囚われようとするのを、周平はじっと堪えた。顔を上げると、保子の清い露な眼はちらと瞬いて、長い睫毛の奥に潜んでしまった。彼は一寸心の置き場に迷って、前にあった珈琲椀を取り上げた。何だか黙って居れなかった。
「さんざん小言を云っといて、珈琲一杯ではひどいですね。」
「だからお土産をつけてあげるわ。」
 保子は帯の間から、紙に包んだものを取出した。周平は一寸躊躇したが、彼女の笑顔に促されて、黙ってそれを受取った。そしてすぐ立ち上った。
「落さないようになさいよ。」
 無雑作…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko