えあ草紙・青空図書館 - 作品一覧(豊島 与志雄)


広告

豊島 与志雄

秋の気魄(新字新仮名)
あきのきはく

秋の幻(新字新仮名)
あきのまぼろし

悪魔の宝(新字旧仮名)
あくまのたから

悪夢(新字新仮名)
あくむ

浅間噴火口(新字新仮名)
あさまふんかこう

朝やけ(新字新仮名)
あさやけ

(新字新仮名)
あし

明日(新字新仮名)
あした

アフリカのスタンレー(新字旧仮名)
アフリカのスタンレー

新たな世界主義(新字新仮名)
あらたなせかいしゅぎ

或る男の手記(新字新仮名)
あるおとこのしゅき

或る女の手記(新字新仮名)
あるおんなのしゅき

或る作家の厄日(新字新仮名)
あるさっかのやくび

或る素描(新字新仮名)
あるそびょう

或る日の対話(新字新仮名)
あるひのたいわ

或る夜の武田麟太郎(新字新仮名)
あるよのたけだりんたろう

怒りの虫(新字新仮名)
いかりのむし

活人形(新字新仮名)
いきにんぎょう

公孫樹(新字新仮名)
いちょう

市郎の店(新字新仮名)
いちろうのみせ

田舎者(新字新仮名)
いなかもの

犬の八公(新字旧仮名)
いぬのはちこう

異邦人の意欲(新字新仮名)
いほうじんのいよく

意欲の窒息(新字新仮名)
いよくのちっそく

失われた半身(新字新仮名)
うしなわれたはんしん

運命のままに(新字新仮名)
うんめいのままに

エスキス(新字新仮名)
エスキス

エミリアンの旅(新字旧仮名)
エミリアンのたび

逢魔の刻(新字新仮名)
おうまのとき

丘の上(新字新仮名)
おかのうえ

阿亀(新字新仮名)
おかめ

叔父(新字新仮名)
おじ

お月様の唄(新字新仮名)
おつきさまのうた

男ぎらい(新字新仮名)
おとこぎらい

鬼カゲさま(新字旧仮名)
おにカゲさま

溺るるもの(新字新仮名)
おぼるるもの

お山の爺さん(新字新仮名)
おやまのじいさん

オランウータン(新字新仮名)
オランウータン

愚かな一日(新字新仮名)
おろかないちにち

恩人(新字新仮名)
おんじん

女心の強ければ(新字新仮名)
おんなごころのつよければ

女と帽子 ――「小悪魔の記録」――(新字新仮名)
おんなとぼうし ――「こあくまのきろく」――

怪異に嫌わる(新字新仮名)
かいいにきらわる

書かれざる作品(新字新仮名)
かかれざるさくひん

(新字新仮名)
かげ

崖下の池 ――近代説話――(新字新仮名)
がけしたのいけ ――きんだいせつわ――

影法師(新字新仮名)
かげぼうし

風ばか(新字新仮名)
かぜばか

過渡人(新字新仮名)
かとにん

悲しい誤解(新字新仮名)
かなしいごかい

画舫 ――近代伝説――(新字新仮名)
がぼう ――きんだいでんせつ――

蝦蟇(新字新仮名)
がま

神棚(新字新仮名)
かみだな

鴨猟(新字新仮名)
かもりょう

川端柳(新字新仮名)
かわばたやなぎ

変る(新字新仮名)
かわる

乾杯 ――近代説話――(新字新仮名)
かんぱい ――きんだいでんせつ――

奇怪な話(新字新仮名)
きかいなはなし

帰京記(新字新仮名)
ききょうき

戯曲を書く私の心持(新字新仮名)
ぎきょくをかくわたしのこころもち

傷痕の背景(新字新仮名)
きずあとのはいけい

木曽の一平(新字旧仮名)
きそのいっぺい

擬体(新字新仮名)
ぎたい

狐火(新字新仮名)
きつねび

球体派(新字新仮名)
きゅうたいは

牛乳と馬(新字新仮名)
ぎゅうにゅうとうま

今日の条件(新字新仮名)
きょうのじょうけん

霧の中 ――「正夫の世界」――(新字新仮名)
きりのなか ――「まさおのせかい」――

樹を愛する心(新字新仮名)
きをあいするこころ

金魚(新字新仮名)
きんぎょ

キンショキショキ(新字新仮名)
キンショキショキ

金の猫の鬼(新字旧仮名)
きんのねこのおに

銀の笛と金の毛皮(新字新仮名)
ぎんのふえときんのけがわ

金の目銀の目(新字新仮名)
きんのめぎんのめ

偶像に就ての雑感(新字新仮名)
ぐうぞうについてのざっかん

「草野心平詩集」解説(新字新仮名)
「くさのしんぺいししゅう」かいせつ

楠の話(新字新仮名)
くすのきのはなし

蜘蛛(新字新仮名)
くも

蔵の二階(新字新仮名)
くらのにかい

群集(新字新仮名)
ぐんしゅう

形態について(新字新仮名)
けいたいについて

化生のもの(新字新仮名)
けしょうのもの

月評をして(新字新仮名)
げっぴょうをして

月明(新字新仮名)
げつめい

幻覚記(新字新仮名)
げんかくき

現代小説展望(新字新仮名)
げんだいしょうせつてんぼう

(新字新仮名)
こい

好意(新字新仮名)
こうい

好人物(新字新仮名)
こうじんぶつ

香奠(新字新仮名)
こうでん

交遊断片(新字新仮名)
こうゆうだんぺん

コーカサスの禿鷹(新字新仮名)
コーカサスのはげたか

故郷(新字新仮名)
こきょう

故郷(新字新仮名)
こきょう

黒点 ――或る青年の「回想記」の一節――(新字新仮名)
こくてん ――あるせいねんの「かいそうき」のいっせつ――

湖水と彼等(新字新仮名)
こすいとかれら

孤独者の愛(新字新仮名)
こどくしゃのあい

古木 ――近代説話――(新字新仮名)
こぼく ――きんだいせつわ――

蠱惑(新字新仮名)
こわく

子を奪う(新字新仮名)
こをうばう

在学理由(新字新仮名)
ざいがくりゆう

最近の菊池寛氏(新字新仮名)
さいきんのきくちかんし

坂田の場合 ――「小悪魔の記録」――(新字新仮名)
さかたのばあい ――「こあくまのきろく」――

作者の住む世界(新字新仮名)
さくしゃのすむせかい

作品の倫理的批評(新字新仮名)
さくひんのりんりてきひひょう

作家的思想(新字新仮名)
さっかてきしそう

砂漠の情熱(新字新仮名)
さばくのじょうねつ

山上湖(新字新仮名)
さんじょうこ

椎の木(新字新仮名)
しいのき

椎の木(新字新仮名)
しいのき

死因の疑問(新字新仮名)
しいんのぎもん

潮風 ――「小悪魔の記録」――(新字新仮名)
しおかぜ ――「こあくまのきろく」――

塩花(新字新仮名)
しおばな

死刑囚最後の日(新字新仮名)
しけいしゅうさいごのひ

死刑囚最後の日解説(新字新仮名)
しけいしゅうさいごのひかいせつ

「自然」(新字新仮名)
「しぜん」

失策記(新字新仮名)
しっさくき

死ね!(新字新仮名)
しね!

死の前後(新字新仮名)
しのぜんご

シャボン玉(新字旧仮名)
シャボンだま

ジャン・クリストフ(新字新仮名)
ジャン・クリストフ

ジャン・クリストフ 01 序(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 01 じょ

ジャン・クリストフ 02 改訳について(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 02 かいやくについて

ジャン・クリストフ 03 第一巻 曙(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 03 だいいっかん あかぼの

ジャン・クリストフ 04 第二巻 朝(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 04 だいにかん あさ

ジャン・クリストフ 05 第三巻 青年(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 05 だいさんかん せいねん

ジャン・クリストフ 06 第四巻 反抗(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 06 だいよんかん はんこう

ジャン・クリストフ 07 第五巻 広場の市(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 07 だいごかん ひろばのいち

ジャン・クリストフ 08 第六巻 アントアネット(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 08 だいろっかん アントアネット

ジャン・クリストフ 09 第七巻 家の中(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 09 だいななかん いえのなか

ジャン・クリストフ 10 第八巻 女友達(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 10 だいはちかん おんなともだち

ジャン・クリストフ 11 第九巻 燃ゆる荊(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 11 だいきゅうかん もゆるいばら

ジャン・クリストフ 12 第十巻 新しき日(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 12 だいじっかん あたらしきひ

ジャン・クリストフ 13 後記(新字新仮名)
ジャン・クリストフ 13 こうき

ジャングル頭(新字新仮名)
ジャングルあたま

上海の渋面(新字新仮名)
シャンハイのじゅうめん

十一谷義三郎を語る(新字新仮名)
じゅういちやぎさぶろうをかたる

自由主義私見(新字新仮名)
じゆうしゅぎしけん

自由人(新字新仮名)
じゆうじん

春盲(新字新仮名)
しゅんもう

情意の干満(新字新仮名)
じょういのかんまん

正覚坊(新字新仮名)
しょうかくぼう

条件反射(新字新仮名)
じょうけんはんしゃ

常識(新字新仮名)
じょうしき

小説集「白い朝」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「しろいあさ」こうき

小説集「秦の憂愁」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「しんのゆうしゅう」こうき

小説集「聖女人像」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「せいにょにんぞう」こうき

小説集「白蛾」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「はくが」こうき

小説集「白塔の歌」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「はくとうのうた」こうき

小説集「山吹の花」後記(新字新仮名)
しょうせつしゅう「やまぶきのはな」こうき

小説中の女(新字新仮名)
しょうせつちゅうのおんな

小説の内容論(新字新仮名)
しょうせつのないようろん

小説・評論集「文学母胎」後記(新字新仮名)
しょうせつ・ひょうろんしゅう「ぶんがくぼたい」こうき

少年の死(新字新仮名)
しょうねんのし

少年文学私見(新字新仮名)
しょうねんぶんがくしけん

食慾(新字新仮名)
しょくよく

初秋海浜記(新字新仮名)
しょしゅうかいひんき

庶民生活(新字新仮名)
しょみんせいかつ

白藤 ――近代説話――(新字新仮名)
しらふじ ――きんだいせつわ――

白い朝 ――「正夫の童話」――(新字新仮名)
しろいあさ ――「まさおのどうわ」――

白蛾 ――近代説話――(新字新仮名)
しろが ――きんだいせつわ――

シロ・クロ物語(新字旧仮名)
シロ・クロものがたり

新時代の「童話」(新字新仮名)
しんじだいの「どうわ」

秦の出発(新字新仮名)
しんのしゅっぱつ

秦の憂愁(新字新仮名)
しんのゆうしゅう

神話と青春との復活(新字新仮名)
しんわとせいしゅんのふっかつ

随筆評論集「書かれざる作品」後記(新字新仮名)
ずいひつひょうろんしゅう「かかれざるさくひん」こうき

随筆評論集「情意の干満」後記(新字新仮名)
ずいひつひょうろんしゅう「じょういのかんまん」こうき

随筆評論集「文学以前」後記(新字新仮名)
ずいひつひょうろんしゅう「ぶんがくいぜん」こうき

スミトラ物語(新字旧仮名)
スミトラものがたり

生あらば(新字新仮名)
せいあらば

性格批判の問題(新字新仮名)
せいかくひはんのもんだい

性格を求む(新字新仮名)
せいかくをもとむ

生活について(新字新仮名)
せいかつについて

生と死との記録(新字新仮名)
せいとしとのきろく

聖女人像(新字新仮名)
せいにょにんぞう

絶縁体(新字新仮名)
ぜつえんたい

操守(新字新仮名)
そうしゅ

早春(新字新仮名)
そうしゅん

蘇生(新字新仮名)
そせい

大自然を讃う(新字新仮名)
だいしぜんをたたう

太一の靴は世界一(新字旧仮名)
たいちのくつはせかいいち

台湾の姿態(新字新仮名)
たいわんのしたい

高尾ざんげ ――近代説話――(新字新仮名)
たかおざんげ ――きんだいせつわ――

高千穂に思う(新字新仮名)
たかちほにおもう

蛸の如きもの(新字新仮名)
たこのごときもの

太宰治との一日(新字新仮名)
だざいおさむとのいちにち

立枯れ(新字新仮名)
たちがれ

立札 ――近代伝説――(新字新仮名)
たてふだ ――きんだいでんせつ――

狸石(新字新仮名)
たぬきいし

狸のお祭り(新字新仮名)
たぬきのおまつり

田原氏の犯罪(新字新仮名)
たはらしのはんざい

旅だち ――近代説話――(新字新仮名)
たびだち ――きんだいせつわ――

旅人の言(新字新仮名)
たびびとのことば

球突場の一隅(新字新仮名)
たまつきばのいちぐう

小さき花にも(新字新仮名)
ちいさきなにも

地水火風空(新字新仮名)
ちすいかふうくう

父と子供たち(新字新仮名)
ちちとこどもたち

父の形見(新字新仮名)
ちちのかたみ

中支生活者(新字新仮名)
ちゅうしせいかつしゃ

長篇小説私見(新字新仮名)
ちょうへんしょうせつしけん

千代次の驚き(新字新仮名)
ちよじのおどろき

「沈黙」の話(新字新仮名)
「ちんもく」のはなし

月かげ(新字新仮名)
つきかげ

憑きもの(新字新仮名)
つきもの

椿の花の赤(新字新仮名)
つばきのはなのあか

強い賢い王様の話(新字新仮名)
つよいかしこいおうさまのはなし

手品師(新字新仮名)
てじなし

田園の幻(新字新仮名)
でんえんのまぼろし

天下一の馬(新字新仮名)
てんかいちのうま

天狗の鼻(新字新仮名)
てんぐのはな

天狗笑(新字新仮名)
てんぐわらい

電車停留場(新字新仮名)
でんしゃていりゅうじょう

同感(新字新仮名)
どうかん

道化役(新字新仮名)
どうけやく

童貞(新字新仮名)
どうてい

道標 ――近代説話――(新字新仮名)
どうひょう ――きんだいせつわ――

同胞(新字新仮名)
どうほう

都会に於ける中流婦人の生活(新字新仮名)
とかいにおけるちゅうりゅうふじんのせいかつ

都会の幽気(新字新仮名)
とかいのゆうき

特殊部落の犯罪(新字新仮名)
とくしゅぶらくのはんざい

渡舟場 ――近代説話――(新字新仮名)
とせんば ――きんだいせつわ――

土地(新字新仮名)
とち

土地に還る ――近代説話――(新字新仮名)
とちにかえる ――きんだいせつわ――

鳶と柿と鶏(新字新仮名)
とびとかきととり

どぶろく幻想(新字新仮名)
どぶろくげんそう

囚われ(新字新仮名)
とらわれ

囚われ人(新字新仮名)
とらわれびと

泥坊(新字新仮名)
どろぼう

長彦と丸彦(新字新仮名)
ながひことまるひこ

ナポレオンの遺書(新字新仮名)
ナポレオンのいしょ

新妻の手記(新字新仮名)
にいづまのしゅき

肉体(新字新仮名)
にくたい

二等車に乗る男(新字新仮名)
にとうしゃにのるおとこ

女人禁制(新字新仮名)
にょうにんきんせい

女客一週間(新字新仮名)
にょきゃくいっしゅうかん

人形使い(新字新仮名)
にんぎょうつかい

人間繁栄(新字新仮名)
にんげんはんえい

沼のほとり ――近代説話――(新字新仮名)
ぬまのほとり ――きんだいせつわ――

(新字新仮名)
ねこ

猫捨坂(新字新仮名)
ねこすてざか

猫先生の弁(新字新仮名)
ねこせんせいのべん

野ざらし(新字新仮名)
のざらし

野に声なし(新字新仮名)
のにこえなし

梅花の気品(新字新仮名)
ばいかのきひん

ばかな汽車(新字新仮名)
ばかなきしゃ

白日夢(新字新仮名)
はくじつむ

白塔の歌 ――近代伝説――(新字新仮名)
はくとうのうた ――きんだいでんせつ――

白木蓮(新字新仮名)
はくもくれん

(新字新仮名)
はす

裸木(新字新仮名)
はだかぎ

波多野邸(新字新仮名)
はたのてい

白血球(新字新仮名)
はっけっきゅう

花子の陳述(新字新仮名)
はなこのちんじゅつ

話の屑籠(新字新仮名)
はなしのくずかご

花ふぶき(新字新仮名)
はなふぶき

母親(新字新仮名)
ははおや

バラック居住者への言葉(新字新仮名)
バラックきょじゅうしゃへのことば

(新字新仮名)
はる

春の幻(新字新仮名)
はるのまぼろし

反抗(新字新仮名)
はんこう

美醜(新字新仮名)
びしゅう

微笑(新字新仮名)
びしょう

非情の愛(新字新仮名)
ひじょうのあい

必要以上のもの(新字新仮名)
ひつよういじょうのもの

ひでり狐(新字新仮名)
ひでりぎつね

一つの愛情(新字新仮名)
ひとつのあいじょう

人の国(新字新仮名)
ひとのくに

碑文 ――近代伝説――(新字新仮名)
ひぶん ――きんだいでんせつ――

ヒューメーンということに就て(新字新仮名)
ヒューメーンということについて

表現論随筆(新字新仮名)
ひょうげんろんずいひつ

病室の幻影(新字新仮名)
びょうしつのげんえい

猫性(新字新仮名)
びょうせい

ヒロシマの声(新字新仮名)
ヒロシマのこえ

広場のベンチ(新字新仮名)
ひろばのベンチ

ピンカンウーリの阿媽(新字新仮名)
ピンカンウーリのアマ

風景(新字新仮名)
ふうけい

風俗時評(新字新仮名)
ふうぞくじひょう

復讐(新字新仮名)
ふくしゅう

ふざけた読書(新字新仮名)
ふざけたどくしょ

ふしぎな池(新字旧仮名)
ふしぎないけ

不思議な帽子(新字新仮名)
ふしぎなぼうし

不肖の兄(新字新仮名)
ふしょうのあに

舞台のイメージ(新字新仮名)
ぶたいのイメージ

二つの途(新字新仮名)
ふたつのみち

舞踏病(新字新仮名)
ぶとうびょう

父母に対する私情(新字新仮名)
ふぼにたいするしじょう

古井戸(新字新仮名)
ふるいど

文学以前(新字新仮名)
ぶんがくいぜん

文学以前(新字新仮名)
ぶんがくいぜん

文学精神は言う(新字新仮名)
ぶんがくせいしんはいう

文学に於ける構想力(新字新仮名)
ぶんがくにおけるこうそうりょく

文学の曇天(新字新仮名)
ぶんがくのどんてん

文学への実感について(新字新仮名)
ぶんがくへのじっかんについて

北京・青島・村落(新字新仮名)
ペキン・チンタオ・そんらく

ヘヤーピン一本(新字新仮名)
ヘヤーピンいっぽん

変な男(新字新仮名)
へんなおとこ

彗星の話(新字新仮名)
ほうきぼしのはなし

傍人の言(新字新仮名)
ぼうじんのげん

北支点描(新字新仮名)
ほくしてんびょう

北極のアムンセン(新字旧仮名)
ほっきょくのアムンセン

程よい人(新字新仮名)
ほどよいひと

街の少年(新字新仮名)
まちのしょうねん

待つ者(新字新仮名)
まつもの

祭りの夜(新字新仮名)
まつりのよる

窓にさす影(新字新仮名)
まどにさすかげ

真夏の幻影(新字新仮名)
まなつのげんえい

魔法探し(新字新仮名)
まほうさがし

幻の彼方(新字新仮名)
まぼろしのかなた

幻の園(新字新仮名)
まぼろしのその

真夜中から黎明まで(新字新仮名)
まよなかかられいめいまで

三木清を憶う(新字新仮名)
みききよしをおもう

水甕 ――近代説話――(新字新仮名)
みずがめ ――きんだいせつわ――

道連(新字新仮名)
みちづれ

三つの嘘 ――近代伝説――(新字新仮名)
みっつのうそ ――きんだいでんせつ――

三つの悲憤 ――近代伝説――(新字新仮名)
みっつのひふん ――きんだいでんせつ――

南さんの恋人 ――「小悪魔の記録」――(新字新仮名)
みなみさんのこいびと ――「こあくまのきろく」――

未亡人(新字新仮名)
みぼうじん

未来の天才(新字新仮名)
みらいのてんさい

無法者(新字新仮名)
むほうもの

紫の壜(新字新仮名)
むらさきのびん

ものの影(新字新仮名)
ものの影

「紋章」の「私」(新字新仮名)
「もんしょう」の「わたし」

山の別荘の少年(新字新仮名)
やまのべっそうのしょうねん

山吹の花(新字新仮名)
やまぶきのはな

守宮(新字新仮名)
やもり

愉快な話(新字新仮名)
ゆかいなはなし

(新字新仮名)
ゆめ

夢の図(新字新仮名)
ゆめのず

夢の卵(新字新仮名)
ゆめのたまご

湯元の秋(新字新仮名)
ゆもとのあき

楊先生(新字新仮名)
ようせんせい

(新字新仮名)
よく

雷神の珠(新字新仮名)
らいじんのたま

落雷のあと ――近代説話――(新字新仮名)
らくらいのあと ――きんだいせつわ――

理想の女(新字新仮名)
りそうのおんな

掠奪せられたる男(新字新仮名)
りゃくだつせられたるおとこ

竜宮(新字新仮名)
りゅうぐう

林檎(新字新仮名)
りんご

霊感(新字新仮名)
れいかん

霊気(新字新仮名)
れいき

轢死人(新字新仮名)
れきしにん

レ・ミゼラブル 01 序(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 01 じょ

レ・ミゼラブル 02 改訳について(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 02 かいやくについて

レ・ミゼラブル 03 序(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 03 じょ

レ・ミゼラブル 04 第一部 ファンテーヌ(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 04 だいいちぶ ファンテーヌ

レ・ミゼラブル 05 第二部 コゼット(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 05 だいにぶ コゼット

レ・ミゼラブル 06 第三部 マリユス(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 06 だいさんぶ マリユス

レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 07 だいよんぶ じょじょうしとじょじし プリューメがいのこいうたとサン・ドゥニがいのせんか

レ・ミゼラブル 08 第五部 ジャン・ヴァルジャン(新字新仮名)
レ・ミゼラブル 08 だいごぶ ジャン・ヴァルジャン

録音集(新字新仮名)
ろくおんしゅう

別れの辞(新字新仮名)
わかれのじ

私の信条(新字新仮名)
わたしのしんじょう

広告


広告

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko