えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

文学界後記
ぶんがくかいこうき
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集23」 岩波書店
1990(平成2)年12月7日
初出「文学界 第四巻第二号」1937(昭和12)年2月1日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-12-02 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




          ○
 文学界の精神といふやうなものがだん/\はつきりして来たことはうれしい。
          ○
 当代の文学者が、それ/″\の立場の上で、互に共通の目標を自覚しはじめたことの証拠である。
          ○
 文学が文化運動の流れに沿ひ、しかも、これを誘導すべき役割をもつといふ意味が、俄かに拡大された理由をもつとはつきりさせねばならぬ。
          ○
 そのために、創造の幾部分が啓蒙に捧げられても悔いない覚悟を、同人の大多数が期せずしてもつに至つたことは、悲壮と云つてもよろしい。
          ○
 が、実は、悲壮でもなんでもない。それが、今日、自分たちを生かすただ一つの道だとしたら!
          ○
 十八世紀的臭味など恐るゝに足らぬ。
 現代の日本では、二十世紀なる言葉は凡そ空虚な響きをしかもたぬことを知るものは知つてゐるのだ。
          ○
 アカデミスムの樹立が進歩的であつたりする矛盾を嗤ふにも嗤へないのである。
          ○
 池谷賞の詮衡を終つた。各文学賞が特定のジヤンル、又は、限界によつて、いつそう受賞者の風貌を鮮明に浮きあがらせることが、将来に残された問題だと思ふ。
 今は、少くとも、そんなことをしてゐる暇はないといふ時代か。
          ○
 膝づめ談判で、作文競争のやうなこともさせられた編輯当番の寝言以上の如し。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko