えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

“にんじん”を観て
“にんじん”をみて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集22」 岩波書店
1990(平成2)年10月8日
初出「時事新報」1934(昭和9)年4月27日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-11-07 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 映画「にんじん」をみて、第一に感じたことは、監督デユヴイヴイエが、単にルナアルの小説及び戯曲からその主題を藉りたといふばかりでなく、ルナアル流の「文章的表現」を、映画のリズムによつて組立てやうと試みてゐることだ。
「イメージの猟人」たる原作者は或る意味に於て、キヤメラの魂に通ずるものがあるかも知れぬが、悲しい哉、暗示と省略の二点で、映画は文学に一歩を譲らねばならぬ。
 但し、ルナアルの作品自体から、自然と生活の雰囲気を感ずることは、日本の読者には十分望めぬことであり、デユヴイヴイエの映画的表現によつて、仏蘭西の田園を包む影と光が、まざまざとわれわれの心に触れて来る。
 俳優も、それぞれ先づ適役と云ふべきであらう。
 主人公「にんじん」に扮するリナン少年は若干美少年過ぎるところが欠点。母親になるフオンツネエ夫人は、寓話的人物としてその持味を活かしてゐる。古典悲劇の侍女役然たるそのデイクションも、監督は参つたらうが、この映画にはさほど邪魔にならぬ。
 父親のアリイ・ボオルは、「真情流露を逆に行く人物」として、後半が著しく好々爺になりすぎた。もう少し、ストイツクな半面が出せたら申分なかつたらうと思ふ。
 女中のアンネツト、婆やのオノリイヌ、共に、ルナアル的タイプであつた。
 総体に、「にんじん」が「好い子」になりすぎ、「ひねくれ」小僧の心理が描かれてゐない。従つて、原作のユウモアが薄らいで、人情味が眼立ちすぎる。殊に、「白」のわからぬ人には、ルナアルの機智が通じないであらう。
 タイトルは私が責任者のやうになつてゐるが、楽屋をぶちまけていゝなら、写真を見ないで「会話」の翻訳だけさせられたのだから、出来栄は御覧の通りだ。責任を逃れる気はないが、別に得意でもない。
 大した当て気もなく、しかも、これほど楽しんで観てゐられる映画は、自分との関係を離れて、さう滅多にないだらうと思ふ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko