えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

煽動性万能
せんどうせいばんのう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集21」 岩波書店
1990(平成2)年7月9日
初出「都新聞」1931(昭和6)年1月16日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2007-12-13 / 2016-05-12
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 演劇は、それ自身、多少の煽動的要素をもつてをり、この煽動性によつて、最も民衆に受け容れられるのであるが、また一方、劇的美の厳密な批判からは、所謂「煽動性」なるものを重要な要素と見なすことはできないのである。なぜなら、露骨な煽動に乗ずる一般の感情は、概して、美的印象とは無関係であり、生々しい刺激によつて誘致される平俗な心理的動揺にすぎないからである。
 対象をかかる興奮状態に陥れる最も著るしい例として、かの政談演説乃至未開人種の宗教的儀式を見ればわかるのである。
 古来、一時代の人気を集め得た職業劇作家は、何れも、論理的に、道徳的に、又は、宗教的に、この種の煽動性をその作品の中に盛り、ある時は芸術的効果を助け、ある時は、これをもつて芸術的効果に代へてゐる。しかしながら、最も芸術的価値の高い、所謂不朽の傑作と称せられるもので、特に煽動性の目立つ作品は一つもないのである。
 この事実は、俳優の演技についても云へるのである。ある俳優は、如何なる役を演じても、この煽動性によつて見物を惹きつけるのである。人物そのものの性格、心理に関係なく、俳優自身の芸風、又は「持ち味」とも称すべきもののなかに、自ら含まれてゐる一種の「弾み」は、これを如何ともすることができないのである。ところで、かういふ俳優は、多く、「立役」中の花形に多く、一座を統率する才幹もあり、人心収攬の術も心得、芸の上でも光つた一面をもつてゐるのである。
 現代の日本に例をとれば、旧劇では第一に左団次と猿之助を推さねばならず、畑違ひの方面では、沢田正二郎が代表的存在であつた。
 西洋では、伊太利にこの種の俳優が多く、ザッコニはその尤なるものであるが、仏蘭西にもなかなかあり、サラ・ベルナアルを初め、コクランなども、この部類に属すべきだらう。亜米利加の映画俳優中では、なんといつてもダグラスがその親玉で乾児はざらにゐる。近来、わが舞台の上に活躍しはじめた早川雪洲も、どちらかといへば、この煽動型俳優である。
 戯曲の場合と違ひ、俳優にあつては、この傾向が幾分寛大な取扱ひを受くべきであらうが、ただ、危険なことは、彼等が、案外易々と「民衆の偶像」になり得ることであり、その結果、技量以上の人気を背負ひ、動もすれば煽動万能の舞台を見せたがるといふことである。そこには、当然、純粋な意味に於ける演劇の堕落があり、この風潮が一時代を支配するに至つては、劇的感動の総てが、デマゴジスムの一色に塗り上げられ、やがて「演劇の貧困」を誘致する原因になるかもしれないのである。
 なほ、演劇に於ける煽動性は、復讐精神と結びついて、かの講談趣味、浪花節趣味舞台の全盛を来たし、ストライキ精神と結びついて、左翼劇運動に利用されつつあることは極めて自然であるが、その結果、遂に、封建的共産思想などといふ変なものが、民衆を戸惑ひさせないとも限らない。何となれ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko