えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『現代短歌大系』のために
『げんだいたんかたいけい』のために
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「現代短歌大系 内容見本」河出書房
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-03-31 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 時代や世相がどのやうに変つても、短歌といふ日本独特の詩の形式が、あらゆる分野の人々の生活の中で、つまり生活が生み出す自然な芸術のかたちとして、着実な根を張つてゐることをわれわれは考へてみなくてはならない。いわゆるジャーナリズムの上では地味だが、これほど日本人の生活に密着した芸術はないかも知れないのである。がそのわりに、といふより、むしろそれ故に、この広汎な芸術は、他の文学――小説や戯曲等の場合のやうには、総体的にそれを知るための良書が出版されてゐないのであるが、今度河出書房が『現代詩大系』にひきつづいて出版するといふ『現代短歌大系』を、さういつた渇を癒してくれる貴重な集大成として期待してゐる。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko