えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

矢代静一君を推す
やしろせいいちくんをおす
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「新劇 第一巻第一号」1954(昭和29)年4月1日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-04-10 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 矢代君の戯曲は以前二つほど読んでゐた。それに今度文学座のアトリエ公演でこの、たしか第三作である「城館」を観て、この作者もいよいよこんなものを書きだしたな、と思つた。といふ意味は、前の二作だけではまだまだ、劇作家矢代静一の特色も真価もはつきりしなかつたからである。
 今度の「城館」は、非常に新鮮で彼の豊かな才能の開花がはじめて告げ知らされたやうな気がした。
 私は日本での最近の戯曲生産を通じて、これほど傍若無人な作品にぶつかつたことはない。なるほど、戦後のフランス劇あたりにお手本がありさうにも思へるが、それにしても、単に、形式的な模倣に終つてゐないところは、さすがに、この作者は、詩人であることを証明してゐる。新しい戯曲の「生命のエッセンス」をなかなか大胆に追ひ求めてゐるところにも、私は注目した。一見唐突で、気まぐれとさへ思はれる人物の対話や行為のなかに、劇詩の要素である韻律の知的でかつ感覚的な操作を、心にくいほどの落ちつきと計画をもつて行つてゐる。
 まだしかし、この試みのなかには、不安な手さぐりもあるし、効果の意外な誤算もあるらしい。作者の柔軟で鋭い感受性が、観念の固い框のなかで喘いでゐる部分が目につく。
 私の趣味からいへば、もつと当り前な日本語と日本人らしい動作とで、もつとイメージのはつきりした人間を、新しく深く捉へ、多面的に描いたものの方を好む。
 標題の「城館」をなぜ「城」としてはいけないのかも、私にはわからぬ。フランス語の「ch[#挿絵]teau」の語感を日本語で出したつもりであらうが、とんでもないことだ。
 この作者に私は、大きな期待をもつてゐるだけに、われわれを文句なしに楽しませてくれるやうな、独り善がりでない美しい劇詩を早く見せてくれることを望む。
 この作家の力量をわかり易い標準でたとへるなら、さしづめ、有力な芥川賞候補であらう。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko