えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「生活と文化」序
「せいかつとぶんか」じょ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「生活と文化」青山出版社、1941(昭和16)年12月20日
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2011-01-15 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「文化」といふ言葉に、私は少し食傷しはじめた。こんな生な言葉を仕事のやうに使つてゐると、空恐しくなる。日本国民の心あるものは、従来の指導者たちの精神的貧困に対し、暗黙の抗議をし続けて来た、その結果が「文化」といふ合言葉の氾濫になつて現はれたものと私は解したい。ところが、翻つて、抗議する側の、同じことを同じ調子で繰りかへす半身不随の症状にも、大に警戒しなければならぬ。
「文化人」と称せられる「文化」の領域の専門家の多くも亦、ある意味に於る非文化的存在たることを暴露する時が来たやうである。
 すべては誰の罪でもなく、また誰をとがむべきでもない。われわれは、かゝる時代を背負ひ、忍耐をもつて生きぬくことが必要である。新しい日本の建設は、誰もが考へつかないやうな基礎の上に、着々と進められつゝあるのだと私は信じてゐる。
昭和十六年十一月
著者



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko