えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

太一の靴は世界一
たいちのくつはせかいいち
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第一六巻」 ほるぷ出版
1977(昭和52)年11月20日
初出「幼年倶楽部」1938(昭和13)年5月
入力者菅野朋子
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-02-08 / 2014-09-16
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 大きな工場のかたすみに、倉庫があります。倉庫の裏口には、鉄の戸がしまつてをり、その上に長いひさしが出てゐます。
 そのひさしの下に、十六七さいの少年が、靴直しの店を出しました。店といつても、名ばかりです。靴直しのだうぐと、革のきれはしと、こしかけになる木の箱だけです。
 そのへんには、工場や、会社が並んでゐて、靴をはいた人たちがたくさんゐます。でも、この少年に靴直しをたのむ者は、一人もありませんでした。夕方になると、少年はだうぐをしまつて、すご/\とかへつて行きました。
 あくる日、少年は、また、朝からやつて来ました。やはり、お客は一人もありません。少年は、べんたうをたべただけで、一日じつとしてゐて、かへつて行きました。
 その、あくる日も、おなじことでした。
 四日目の朝、工場の倉庫がゝりの人がやつて来て、少年に話しかけました。
「君は、毎日こゝに来てゐるやうだね。」
「えゝ、こゝが気にいつたのです。長いひさしが出てゐますから、雨が降つても、こゝなら仕事が出来ます。」
 倉庫がゝりの人は笑ひました。
「雨が降つても来るつもりかい。だつて、お客は、一人もないではないか。」
「あるまで待つてゐます。もう、けつしんしてゐるのです。」
「ほう、どんなけつしんだい。」
 それは、大へんなけつしんでした。
 この少年は、ある靴屋に、二年ばかりほうこうしてゐたのです。うでまへは、めき/\とよくなつて行きましたが、仕事がおそくて、気がきかないといふので、ことわられてしまひました。そこで、しかたなく、ぼんやりしてゐますと、おかあさんから、いろ/\いつて聞かされました。
「気を落してはいけません。世の中のことは、何ごとも、けつしんしだいです。お前は、どうせ、靴屋になるつもりだつたのだし、それに、仕事こそおそいが、りつぱなうでまへを持つてゐるのだから、あくまでも、靴屋で身を立てるけつしんをなさい。いゝかげんの気持で、なまけるのが、一ばんいけません。
 これから、世界一の靴屋になるつもりで、一生けんめいにやつてごらんなさい。」
 さういはれても、少年は、まだ、けつしんがつきませんでした。
「僕のやうな者でも、りつぱな靴屋になれるか知ら。」
といひますと、おかあさんは、じつと少年を見つめました。
「なれないでどうします。わたしは、お前を、そんなばか者にそだててはゐません。」
 そこで、少年も心をきめました。
「ぐづ/\してゐたのでは、自分をそだてて下さつたおかあさんにすまない、申しわけがない。けつしんだ、けつしんだ。」
 そして、靴直しのだうぐを買つてもらつて、この道ばたに、店を出したのでした。
 その話に、倉庫がゝりの人は感心して、古靴を一そく持つて来てくれました。
「よし、僕がお客さんになつてやらう。これを、ていねいに直してくれよ。」
「しようちしました。私の名前は、太一…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko