えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

娘の生霊
むすめのいきりょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典」 学研M文庫、学習研究社
2003(平成15)年10月22日
入力者Hiroshi_O
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-11-19 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 某相場師の娘が、父親にねだって買ってもらった衣服を、知りあいの裁縫師の処へ縫わしにやった。なにしろ相場で巨万の富を積んだ家のことであるから、その衣服も金目のかかったりっぱな物であったろう。またそうした衣服であるから期日も急ぐので、裁縫師は他の仕立物を後廻しにして裁縫にとりかかったが、期日が翌日の朝になっているので、その夜は一時近くまで仕事をして、やっと縫いあげたところで客があった。裁縫師は夜遅くなって何人が来たろうと思って、入口の雨戸をあけると、それは相場師の娘であった。
「おや、まあ、お嬢さん」
 娘は光沢のいい顔に微笑を見せた。
「明日の朝までに、どうかと思って、見に来たのよ」
「やっと出来あがったところでござんすの」
「そう」
 裁縫師は娘を上へあげて、胡蓙の中に包んであった彼の衣服を執って見せた。すると娘は、
「ちょっと」
 と云って、それを着るなり、ずんずんと表の方へ出て往くので、裁縫師は驚いて、
「まあ、お嬢さん」
 と云って呼びとめようとした。と、娘の姿がなくなってその衣服ばかりふわふわと崩れるように下へ落ちた。
 裁縫師は不思議でたまらないので、朝になるのを待ちかねて相場師の家へ往って見た。相場師はその前におおがらを啖って、その夜のうちに夜逃げをしていた。
「それでは」
 裁縫師はそこで娘の衣服に対する執着を知った。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko