えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

真紅な帆の帆前船
まっかなほのほまえせん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典」 学研M文庫、学習研究社
2003(平成15)年10月22日
入力者Hiroshi_O
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-11-23 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 遠江の御前崎へ往ったのは大正十四年の二月二日であった。岬には燈台があって無線電信の設備もあった。その燈台の燈光は六十三万燭で十九浬半の遠距離に及ぶ回転燈であった。私は燈台の中を見せてもらって、その後で窓の外へ眼をやった。沖あい遥に霞の中に、敷根らしい島と大島らしい島のどんよりと浮んでいるのを見た。岬の東端の海中には、御前岩、俗に沖の御前と云われている岩があって、蒼味だった潮の上にその頭を現していた。その沖の御前の西にはドド根と云う一大暗礁があって、その附近は古来数限りなく船舶を呑んでいる危険区域であった。私を案内してくれた事務員の一人は奇怪な話をしてくれた。
 それは、夏から秋の初めへかけてのことであるが、真紅な血のように染まった太陽が、荒れ狂っている波と波の間に落ちる時分になると、西の方から真紅な帆をあげた帆前船が来るので、
「真紅な帆を捲いた船だ、不思議な船だ、どこへ往くだろう」
 と思っていると、その船は恐ろしく静に走って来て、ドド根の暗礁の方へ往くのであった。
「大変だ、ドド根の礁じゃ」
 と思って心配している間もなく真紅な帆はそのまま煙のように消えるのであった。
「不思議なことだ、鬼魅が悪い」
 と云って鬼魅を悪がるのであった。その真紅な帆の帆前船が見えだしたのは、明治三十三四年比、日本郵船会社の品川丸と云う古ぼけた千五百噸位の帆前船がドド根の辺で沈没してから間もなくであった。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko