えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

茶話
ちゃばなし
副題09 昭和二(一九二七)年
09 しょうわに(せんきゅうひゃくにじゅうしち)ねん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「完本 茶話 下」 冨山房百科文庫、冨山房
1984(昭和59)年2月28日
初出「中央公論」1927(昭和2)年5月1日
入力者kompass
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2014-11-07 / 2014-10-13
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


暗示

5・1
中央公論



 かういふ話がある。
 ある時、山ぞひの二また道を、若い男と若い女とが、どちらも同じ方向をさして歩いてゐたことがあつた。
 二また道の間隔は、段々せばめられて、やがて一筋道となつた。見ず知らずの二人は、一緒に連立つて歩かなければならなくなつた。
 若い男は、背には空になつた水桶をかつぎ、左の手には鶏をぶら提げ、右の手には杖を持ちながら、一頭の山羊をひつぱつてゐた。
 道が薄暗い渓谷に入つて来ると、女は気づかはしさうに言葉をかけた。
「わたし何だか心配でたまらなくなつたわ。こんな寂しい渓谷を、あなたとたつた二人で連立つて歩いてゐて、もしかあなたが力づくで接吻でもなすつたら、どうしようかしら。ほんたうに困つちまふのよ。」
「え。僕が力づくであなたを接吻するんですつて。」男は思ひがけない言ひがかりに、腹立ちと可笑しさとのごつちやになつた表情をした。「馬鹿をいふものぢやありません。僕は御覧の通り、こんなに大きな水桶を脊負つて、片手には鶏をぶら提げ、片手には杖をついて、おまけに山羊をひつぱつてるぢやありませんか。まるで手足を縛られたも同然の僕に、そんな真似が出来よう筈がありませんよ。」
「それあさうでせうけれど……」女はまだ気が容せなささうに言つた。「でも、もしかあなたが、その杖を地べたに突きさして、それに山羊を繋いで、それから背の水桶をおろして、鶏をそのなかに伏せてさへおけば、いくら私が嫌がつたつて、力づくで接吻すること位出来るぢやありませんか。」
「そんなことなんか、僕考へてみたこともありません。」
 男は険しい眼つきで、きつと女の顔を睨んだが、ふとその紅い唇が眼につくと、なんだか気の利いたことの言へる唇だなと思つた。
 二人は連立つて、薄暗い樹蔭の小路に入つて往つた。人通りの全く絶えたあたりに来ると、男は女が言つたやうに、杖を地べたに突きさして、それに山羊を繋ぎ、背の水桶をおろして、鶏をそのなかに伏せた。そして女の肩を捉へて、無理強ひに接吻したといふことだ。



 この場合、若い男は初めのうちは何も知らなかつたのだが、女の敏感な警戒性が、思はず洩らした一言に暗示せられて、それを実行に移したのである。善行にせよ、悪業にせよ、すべて男の勇敢な実行の背後には、得てしてかうした婦人の暗示が隠れてゐるものだ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko