えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

(七銭でバットを買つて)
(ななせんでバットをかって)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「中原中也詩集」 角川文庫、角川書店
1968(昭和43)年12月10日改版
入力者ゆうき
校正者木浦
公開 / 更新2013-04-10 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


七銭でバットを買つて、
一銭でマッチを買つて、
――ウレシイネ、
僕は次の峠を越えるまでに、
バットは一と箱で足りると思つた。

山の中は暗くつて、
顔には蜘蛛の巣が一杯かかつた。
小さな月が出てゐるにはゐたが、
それでも木の繁つた所は暗かつた。

ア、バアバアバアバ、
僕は赤ン坊の時したことを繰返した。
誰も通るものはなかつた。

暫くゆくと自転車を坂の下に落として、
自分一人は草を掴めば上れるが、自転車を置いとくわけにもいかず
といふ災難者にあつた。

自転車に紐か何か付いてるでせう、と僕は云つた。
へい、――それには全く気が付きませんでした、

自転車は月の光を浴びながら、
ガタ/\といつて引揚げられた。

――いつたい何処までゆきなさる、
――いえ、兄の嫁の危篤を知らせに、此の下の村まで一寸。

自転車の前の、ランプが灯つた。――おとなしさうな男である。

僕は煙草に火を点けて、去りゆく光を眺めてゐた。

アババババ、アババババ、



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko