えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

牛山ホテル(五場)
うしやまホテル(ごば)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集4」 岩波書店
1990(平成2)年9月10日
初出「中央公論 第四十四年第一号」1929(昭和4)年1月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-05-03 / 2014-09-16
長さの目安約 66 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

牛山よね  ホテルの女将
同 とみ  よねの養女
藤木さと  真壁の妾
石倉やす  仏蘭西人の妾
真壁    S商会出張所旧主任
三谷    S商会出張所新主任
三谷夫人
鵜瀞    S商会社員
島内    同
金田    金田洋行主
岡     写真師
納富    剣道教師
ロオラ   別居せる真壁の妻
 その他、ボーイ、車夫、水夫、女等

仏領印度支那のある港

九月の末――雨期に入らうとする前
港に近く、仏国人の住宅地と、所謂「アナミツト」の部落とに接する一区劃、その中心にある日本人経営のホテル。




ホテルの帳場兼女将の居間――畳が敷いてある。
前面一段低く、椅子、テーブルを置いた土間。
右手に玄関を兼ねた撞球場に通ずるドア。左手は二階に上る階段と、食堂の入口。正面は大きな窓。
そこから波戸場の一部と水平線が見える。

日が暮れようとしてゐる。

とみ(十九)が、風呂から上つて、化粧をしてゐる。
やす(二十九)は、腹這ひになつて雑誌を読んでゐる。
二人とも白木綿の襦袢に腰巻だけをしてゐる。
さと(二十四)が、土間の上り口に腰をおろして、ぼんやり窓の外を見てゐる。これは、浴衣がけである。

さと  船はもうさつきから、著いたつだツとん、なんしとツとだろかい。
とみ  ベル・ビユウで茶でも飲んどツとたい。
やす  検疫で止められとツとだろ。上海から来た船はやかましかもん。
とみ  ほんに、コレラのはやつとるとだつた。おやすさん、風呂へ入つてこんかな……。
やす  今日は、やめとかう。
とみ  ひゆうじこつけ……!(無精者!の意)
やす  東京の奥さんに見てもらへばええ、印度支那にどぎやん別嬪がをるか……。
さと  船のつく日はいやいや。なんにも手につきやせん……。
やす  あんたが、また、何を待つとツとな。
とみ  ムツシユウ・真壁たい、きまつとるぢやなツか。
やす  今まで其処へをつた人間ば、誰が待つもんか。
とみ  そんなら誰や。
さと  …………。
やす  今度来る主任さんな、あんた、名前ば覚えとらんかい。
さと  ムツシユウ・三谷……。
やす  さうさう、今朝、八号に行つたりや、そんムツシユウ・三谷のこツで、みんな大騒ぎだつた。
とみ  奥さんば連れて来ツていふとだツてえ……。
さと  そら善かばツてん、わしがこと、なんか云ふとりやせんだつたかい。
やす  あんたぐりや、運のよか人間な少なかて云うとつた。
さと  さういふこつぢやなかと。あつちのおツ母さんがわしのこつば悪う思ふとりやせんかしらん……。
やす  どうしてや。ただ、こぎやにや云ふとつた。――あん娘がもうちツと、家できばツてくるツと、よかばツてんがあて……。
さと  そぎやんした相談ばもちかけられたばツてん、わしや断わつた。そぎやん云ふつてちや、今から、いくらなんでもなあ……。

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko