えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

仙術修業
せんじゅつしゅぎょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本怪談大全 第一巻 女怪の館」 国書刊行会
1995(平成7)年7月10日
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-05-22 / 2014-09-16
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ――支那の四川省の奥で修業をしたと云うんだ。気合をかけると己の脈がとまるよ、仰向いて胸を反らして力を入れると、肋骨がばらばらになるそうだ。人間の頭位は拳で砕くことができると云っている。何んだか山師のようでもあるが、また真箇に真言の行者のようでもある。要するに怪しい男さ、と、云って市内の某警察に署長をしている私の友人が話してくれた。――
 彼はもと十三の時アメリカへ往って乗馬を習い、放牧した野馬を乗りこなすのを職業としていた。片手に縄を持ち馬を走らして往って野馬を見るとその縄を投げた。わなになっている縄の端が野馬の首にかかると力を込めて地上に引き倒し、己の馬を棄ててそれに飛び乗り、茫茫たる曠原の上を疾走して馬の野性を乗り減らした。
 四川省の白竜山と云う山の中だと云ったが、その位置は口にしなかった。その山へ登って仙術を修業する行者達は、僅にその位置を聞かされただけで山の中のことは一切判らなかった。彼もその行者の一人となって白竜山の麓へ往ったが、山の四方が懸崖絶壁になっていて、その中へは一歩も足を入れることができなかった。彼は木の実を喫い草の実を拾ってその麓を巡礼した。
 猛獣や毒蛇に脅かされることもあった。夜は洞穴に寂寞として眠った。彼と同じような心願を持って白竜山へ来た行者の中には、麓を彷うているうちに精根が尽きて倒れる者もあった。そうした死骸に往き当ると穴を掘り、野花を供えて懇に埋めてやった。
 大森林、大谿谷、奔湍、風の音、雨、山をつんざく雷、時雨、無心の空の雲、数箇月に渡る雪の世界。こうした巡礼の日が続いていると、夢ともなく現ともなしに山上を鳥のように駆け走る仙人の姿を見るようになった。
 三たび目の野草の花が咲いた。彼は某日水を飲むために谷川の岸に出た。狭い流れではあるが滝のように流れ落ちる水が岩にぶっ衝って凄じい光景を呈していた。彼はそろそろと岩の角を這いおりて水際に近づこうとした。前岸の巨木からさがった鉄鎖のような藤葛が流れの上に垂れて、その端が水の勢で下流に靡き、また放ね返って下流に靡いているのが見えた。その藤葛が横に靡けば、前岸に聳った平らかな岩の出っ端に往かれそうである。彼はそれに眼をつけた。
 背後の山に落ちかけた夕陽の光が、紅葉しかけた前山の一角を赤赤と染めていた。彼は水際におりるのを止めて藤葛を見つめていたが、どうもその藤葛に山上へ登る秘密があるように思われて来た。彼は思い切って藤葛を目がけて飛んだ。そして、両手がその藤葛にかかるとともに、体の重みが加わって上下に靡いていた藤葛は忽ち左右に靡いた。
 彼の体は前岸の平らかな岩の上に持って往かれた。彼は三年目にしてはじめて白竜山の本山の中へ一歩を入れることができた。彼は悦んで岩を伝うて往った。岩の間の樹木の中に、人の通った小径らしいものがあった。彼の全身は歓喜に燃えた。彼はどこまでもそ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko