えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

我等の春
われらのはる
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-25 / 2015-05-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


春の丘を超えて歩んで来た息子の母は
慈愛にみち
春の大地のように
ふくふくとめぐみにみちていた。

母よ
あなたは歩んで来た
夏を超えて
秋を踏んで
冬の野をふみこえて
春の丘へ辿って来たあなた
その時だけはさすがに幸福そうだった そして
あなたは息子を生んで又歩き出した。

母よ
あなたはもう昔のように
幸福の花を路傍に見ることは得ない
今日もあなたは歩いているが
その路はもう二度と
踏み戻っては来ない路だ。
あなたは工場へ歩いて行く
藁工場ではささり込むような塵埃がもうろうと立ちのぼり
いがらっぽい呼吸が出て
あなたの呼吸器管は日に日に衰えて行く
夜、晩くあなたは家へ帰って休む。

あなたがあの幸福の日に生んだ
息子は今年二十二だ
軍人になる資格をもたされて
徴兵という命令をうけたのだ
やがて帝国主義戦争というその時は
軍艦で送られ砲火の下に晒されよう
あなたは帝国主義戦争の何であるかを知らない
知らないことが幸福だとも
不幸だとも知ってはいまい。

母よ
息子の生命がどんな所で
どうして殺されてしまったのか?
屍はどこへ片付けられてしまったのか?
知る筈もない
ただ冬枯れの木肌のような手をあげて
涙をぬぐってもぬぐっても
その心臓がパサパサと
灰のように乾燥でもしない限りは
流れ止まぬであろうよ

母よ
あなたが歩んで来た路を
また幼いあなたの娘が
春の花咲く緑の丘の方へ
辿っていることを知っているか
そして娘もやがてはどんな日を迎えることか
娘があなたと同じように工場に働いて
好きな男と一緒に生活を初め
子供を生んで育てようとも
娘はよろこびを知らぬ機械の附属でもない
息子は彼等が戦場の弾丸除けでない
われらにも また春は花咲き
緑の野辺は広々として蒼穹の下までひろがる
われらは
われらにもあるよろこびの世界と
われらがボリシェビイキの春を信ずる

母よ



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko