えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

本土の港を指して
ほんどのみなとをさして
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1928(昭和3)年5月31日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-21 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


津軽の海風は
暮れ行く夕日の彼方へと連絡船を冷たく吹き送る
桟橋に立ち去り兼ねて見送る人々とも別れて
身をマントに包み
頬をうずめて 物蔭甲板に佇めば
防波堤に点る明滅の灯火も見えずなり
巍然たる函館山の容姿も
次第に海をへだてて
水夫の投げこんだ速度計の速めらるるままに
闇の中に失われゆく
かくて海峡の海は次第に荒く
空よりは白き贈り物音もなく
真闇の中に降り来り、海に消え マストに積る
船は船底にひびくエンジンの音と
波を切り進む海路の跡をしばし残して
ひたすらに蜜柑の木々実る本土の
最北端の港 青森へと馳る



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko