えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

小林虐殺一周忌 二月二十日
こばやしぎゃくさついっしゅうき にがつはつか
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-02-24 / 2015-01-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


小樽から来た小林が
殺されたんだと
親に教えた俺だった

やられたか
やりやがったか
一日も二日も三日もねむられぬ
憎っくい下手人
××の手先

小林が元気な頃は
又逢えるつもりでいたのに
殺されて
二度と逢いない 二度と逢いない

小林をとらえた刑事
抜けがけをやろうとしたか
全身の皮下溢血が無残な姿

犬や猫や豚を
殴って殺しても
こんなに無惨に
殺せるものか

残忍、野蕃
鬼畜の如く
同志を虐殺する
日本の××警察

一言もただ一言も
言わずにやられた小林が
ボリシヴィキの
手本となった

虐殺された同志は
幾人か
闇から闇へ奪われた
同志は幾人か
革命の戦士達

鋼鉄の規律
小林が実践した路
けわしかった路
今もけわしいこの路

「不在地主」
モデルは富良野の磯野農場
北海道語が
なつかしいだけじゃない

「沼尻村」
あれは沼具
炭鉱労働者の不平満々たるガス
マッチを磨ってた小林

牢獄の同志
三万人
治維法をおびやかす
三万人



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko