えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

故郷断想
こきょうだんそう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-02-21 / 2015-01-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


    *
小川は濁っている
ヤマメ、イワナのようなうまい小魚はもうそこへはのぼって来ない
淀みにはどぶ臭い雑魚が居り
廿年の昔の清冷な流れの面影がない
    *
連なる丘陵は
ただ禿山であり
焼けたエゾ松の根株が淋しく黒く佇んで居り
昔そこに美しい針葉樹林があり
楡、タモ、栓、楢、紅葉、桜、胡桃、白椛の林があって
小鳥や兎達の楽しい場所であったことは
きれいに忘れ去られている
    *
部落の人々は何を考えているのか
娘のたのもしい夫のことでもない
息子のきれいな気の利いた嫁のことでもない
土地が自分のものであったら
今年の収穫が高くうれたら



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko