えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

埋れた幻想
うずもれたげんそう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1924(大正13)年7月28日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-01-28 / 2015-01-06
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


慰める様な ぬるい南風に衣を
なびかせ なびかせ
大地の精が臥している
小高い丘の殺風景な(けれども希望に輝いた)処で
大地の精はつぶやいている
ああ古風な幻想よ
大地は忍従の革命家
秋を送り冬を迎え 地上すべて荒廃に帰せしめ
殺した大地の世界から
生命を呼び ま夏の
新緑あふるる青さを生む
(かくて神話の世紀から幾代の力を創った事か)
丘は今安らかな暁方の眠りを求める
朝早く営舎を出でて
美しい若い兵士がゆく
日曜の愛らしい生徒がゆく
シンプルハートの詩人がゆく
丘へ――野へ――
ああ演習が初まった
兵士は大地にまみれつつ一斉射撃の型をとる
少尉は刀をひらめかし
彼方に合図の声をまく
生徒は石に腰かけて
遠い 勇ましかった
海戦のあたりを夢見る
詩人はひとりねそべって
大地の精のつぶやいた
言葉をしきりに拾っている
「永遠に 永遠に
 地上の戦士は埋ずもれた」



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko