えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

写真(北満の土産)その一
しゃしん(ほくまんのみやげ)そのいち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-03-08 / 2015-02-17
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


どれもこれも貧しくけだもののように虐げられふけた表情をもった北満の農民の
ズラリと並んだ十人の子供達
五つ位の女の子はハデなよごれた花模様のズボンと上衣をきて
支那曲芸に出てくるような格巧
八つ位の女の子は労働者のオーバオールのようなやつを着て両口尻にカサを出しキリッと睨み、
七つばかりの男の子は
困惑したオジサンのようにふけてズボンの紐を
ダラリと下げまゆをひそめて立っている
六つ位の男の子は一寸快活そうで
安物の腕輪をはめ 前髪で額をうずめ
となりの同じ位の男の子は
胸をハダけてうぶな青年のようにまぶしがっている
前かけのような支那風の模様あるものをつけた子は四つ位、
この娘はきれいなおよめさんを見ているような表情たっぷり
颯爽とした青年のように裾の長い着物をきて
細い横目にキラっとにらむ八つばかりの少年と
も一人の正面からジーッと視線をそそいで
こっちを見ている若き赤軍の兵士のような少年
次は眼を病んでいるのか
はれっぽったいまぶた やせた腕 ほころびた上衣
煙ったい小屋でいぶし出されたような五つほどの子
最後に
三つほどのハダシで下衣なしで
新らしい上衣だけを急いで引っかけて
この列に参加して少さい異物をまるだしにしている児、



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko