えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

父母達の家
ふぼたちのいえ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-18 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


住み古した父母達の家に
父母達の顔にきざんだ皺をかぞえることなく
老いたる父母達の苦難な生活の有様を覗い見ることなく
俺の健康な顔を見せ
ガッシリとしてきた手を差のべることなく
街の中に
幾百万の人民の中の一人となり
父母達の家を
数々の家々とひとしく見過して
立去るおもい、
逢わねば心細くもあり
語らねば物がなしくもある

わが子をはげまし
わが子を階級戦の熾烈なさ中へ送る意気込みはなくとも、
わが子の真剣な働きを信じて
わが子の無事を祈り
わが子の仕事の成功をねがえる父母達

俺は父母達のすこやかであることを
そして父母達の存生の間に
俺達の勝利をかちとることを
切に切に希望すればこそ、
一歩 一歩
父母達の家を遠ざかってゆくとき
一足毎に力もて大地を踏みしめ
明日の準備に
勇躍して部署につくのだ



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko