えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

ゆく春
ゆくはる
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-02 / 2018-12-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


おきつ邊かつ鳴る海青なぎ
今手に動ずる胸をおせば
哀愁ことごと浮び出でて
たぎつ瀬涙の八千尋沼

ああ世は神祕の影にみちて
興ある歌もつ子等もあるに
何をか若きに眉根ひそめ
執着泣くべくえ堪へんや

例へば人あり花に醉ひて
秋雲流るる夕づつに
樂觀すぎしを思ふ如く
足ぶみせんなき煩ひかや

  信なき一人に戀しさで
  今年もさびしう春は行きぬ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko