えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

早春
そうしゅん
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-07 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


なたねなの花は川邊にさけど
遠望の雪
午後の日に消えやらず
寂しく麥の芽をふみて
高き煉瓦の下を行く

ひとり路上に坐りつつ
怒りに燃え
この故郷をのがれいでむと
土に小石を投げあつる
監獄署裏の林より
鶫ひねもす鳴き鳴けり
(滯郷哀語篇より)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko