えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

鑑賞力なくして習字する勿れ
かんしょうりょくなくしてしゅうじするなかれ
著者北大路 魯山人
文字遣い新字新仮名
底本 「魯山人書論」 中公文庫、中央公論新社
1996(平成8)年9月18日
入力者門田裕志
校正者木下聡
公開 / 更新2019-12-21 / 2019-11-24
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

 芸術の中でも、絵画は努力次第で一寸楽しめる境地までは漕ぎつけることが出来るものであるが、書道となるとなかなかに至難である。現代人が書と漢字を等閑に付しているのは、要するにわからないからである。しからば、志の徒はいかにして書き練達するかというに、それは神韻ある古法帖に学ぶより外ない。いわゆる習字の先生という人々の指導を受けても、なんらの収穫にはならない。結果は児戯に等しい。由来、職分の書家には名筆が一人として出ていない。
 さて、法帖で習字することであるが、ただその形だけを真似たのでは書家の書に堕するまでである。吾人が力説するところの鑑賞力がなくてはならない。字に表現されている本当のものを掴まなくてはならない。すなわち、その天分、その個性が、はっきりと読めなくてはならない。墨汁一滴にでも、その個性が現われているものである。
 例えば、筆を以て一個の円を描くとする。その円形がいかに巧妙にまん丸く描かれてあっても、内容が伴わねば芸術上無価値な、生命の空虚なものである。よしや形が歪であっても、その人格が如実に出ていれば、上乗の円窓といわねばならない。円窓の本義は正歪に拠らない、その人であり、その力である。よく墨蹟にある大徳の円相を見ると、いびつは歪そのままながら、円心顕著である。静寂な心境から出発しているから、その風俗が十方無碍に出ているのである。
 さて、これを鑑別の方面から論ずると、書道の達識家であるならば、一円相は素より、その円周の一寸乃至五、六分を截り離して見ても、善悪巧拙は釈然たる次第である。それはわずかな断面にでも表現されている内容的な筆力、墨色の滋潤、動かすことの出来ない事実の存在である。即、個性だ。即、人だ。
 卑近な例ではあるが、昔時の易者が手法の一であった墨色判断も、これを創始した人物は、おそらく書道観に徹していたものに違いないと思う。墨気、筆勢に人を見る鑑識家であるならば、円相の一断面と同じく判断の正確を得る心理を有するものである。
 かつて高島門下の児玉呑象という卜者が、同門の五、六人と共に吾人の門を叩いたことがある。雑談の後に、ほんの座興ではあるが、
「試みに諸氏は毛筆で署名してみませんか」
 といって、先ず第一に呑象君が認めた書を見て端的にいった。
「あなたには確固不抜の信念がない。器用を以て易を占っていませんかね。これで毛頭間違っていれば、それは神のせいだという確信の上での易ならば、必ずわかるものだと思う。易経の大原理は妙法の悟りであるから、神明に通じて当るものだ」
 と、一々文字の画に従ってその理を指摘したところが、言下に肯定して、
「全く其の通り」
 と、承服したことがある。戯談半分ではあるが、すなわち易者にむかって墨色判断を試みた次第である。
 これは墨色判断ではなくて、真個の書道の上からである。筆者がもし虚偽で書けば、そのまま…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko