えあ草紙・青空図書館 - 作品一覧(北大路 魯山人)


広告

北大路 魯山人

明石鯛に優る朝鮮の鯛(新字新仮名)
あかしだいにまさるちょうせんのたい

味を知るもの鮮し(新字新仮名)
あじをしるものすくなし

甘鯛の姿焼き(新字新仮名)
あまだいのすがたやき

アメリカの牛豚(新字新仮名)
アメリカのうしぶた

鮎の食い方(新字新仮名)
あゆのくいかた

鮎の試食時代(新字新仮名)
あゆのししょくじだい

鮎の名所(新字新仮名)
あゆのめいしょ

鮎ははらわた(新字新仮名)
あゆははらわた

鮎を食う(新字新仮名)
あゆをくう

洗いづくりの美味さ(新字新仮名)
あらいづくりのうまさ

洗いづくりの世界(新字新仮名)
あらいづくりのせかい

鮑の水貝(新字新仮名)
あわびのみずがい

鮑の宿借り作り(新字新仮名)
あわびのやどかりづくり

鮟鱇一夕話(新字新仮名)
あんこういっせきわ

生き烏賊白味噌漬け(新字新仮名)
いきいかしろみそづけ

いなせな縞の初鰹(新字新仮名)
いなせなしまのはつがつお

猪の味(新字新仮名)
いのししのあじ

インチキ鮎(新字新仮名)
インチキあゆ

鰻の話(新字新仮名)
うなぎのはなし

美味い豆腐の話(新字新仮名)
うまいとうふのはなし

海にふぐ山にわらび(新字新仮名)
うみにふぐやまにわらび

梅にうぐいす(新字新仮名)
うめにうぐいす

欧米料理と日本(新字新仮名)
おうべいりょうりとにほん

お米の話(新字新仮名)
おこめのはなし

お茶漬けの味(新字新仮名)
おちゃづけのあじ

衰えてきた日本料理は救わねばならぬ(新字新仮名)
おとろえてきたにほんりょうりはすくわねばならぬ

織部という陶器(新字新仮名)
おりべというとうき

夏日小味(新字新仮名)
かじつしょうみ

数の子は音を食うもの(新字新仮名)
かずのこはおとをくうもの

家庭料理の話(新字新仮名)
かていりょうりのはなし

窯を築いて知り得たこと(新字新仮名)
かまをきずいてしりえたこと

感想(新字新仮名)
かんそう

カンナとオンナ(新字新仮名)
カンナとオンナ

胡瓜(新字新仮名)
きゅうり

京都のごりの茶漬け(新字新仮名)
きょうとのごりのちゃづけ

近作鉢の会に一言(新字新仮名)
きんさくはちのかいにひとこと

くちこ(新字新仮名)
くちこ

車蝦の茶漬け(新字新仮名)
くるまえびのちゃづけ

弦斎の鮎(新字新仮名)
げんさいのあゆ

乾山の陶器(新字新仮名)
けんざんのとうき

現代茶人批判(新字新仮名)
げんだいちゃじんひはん

高野豆腐(新字新仮名)
こうやどうふ

古唐津(新字新仮名)
こからつ

小ざかな干物の味(新字新仮名)
こざかなひもののあじ

個性(新字新仮名)
こせい

古陶磁の価値 ――東京上野松坂屋楼上にて――(新字新仮名)
ことうじのかち ――とうきょううえのまつざかやろうじょうにて――

琥珀揚げ(新字新仮名)
こはくあげ

昆布とろ(新字新仮名)
こんぶとろ

昆布とろの吸い物(新字新仮名)
こんぶとろのすいもの

西園寺公の食道楽(新字新仮名)
さいおんじこうのしょくどうらく

材料か料理か(新字新仮名)
ざいりょうかりょうりか

残肴の処理(新字新仮名)
ざんこうのしょり

三州仕立て小蕪汁(新字新仮名)
さんしゅうじたてこかぶじる

山椒魚(新字新仮名)
さんしょううお

椎茸の話(新字新仮名)
しいたけのはなし

塩昆布の茶漬け(新字新仮名)
しおこぶのちゃづけ

塩鮭・塩鱒の茶漬け(新字新仮名)
しおじゃけ・しおますのちゃづけ

小生のあけくれ(新字新仮名)
しょうせいのあけくれ

食器は料理のきもの(新字新仮名)
しょっきはりょうりのきもの

序に代えて(新字新仮名)
じょにかえて

知らずや肝の美味(新字新仮名)
しらずやきものびみ

素人製陶本窯を築くべからず ――製陶上についてかつて前山久吉さんを激怒せしめた私のあやまち――(新字新仮名)
しろうとせいとうほんがまをきずくべからず ――せいとうじょうについてかつてまえやまひさきちさんをげきどせしめたわたしのあやまち――

尋常一様(新字新仮名)
じんじょういちよう

すき焼きと鴨料理――洋食雑感――(新字新仮名)
すきやきとかもりょうり――ようしょくざっかん――

世界の「料理王逝く」ということから(新字新仮名)
せかいの「りょうりおうゆく」ということから

瀬戸・美濃瀬戸発掘雑感(新字新仮名)
せと・みのせとはっくつざっかん

雑煮(新字新仮名)
ぞうに

筍の美味さは第一席(新字新仮名)
たけのこのうまさはだいいっせき

だしの取り方(新字新仮名)
だしのとりかた

田螺(新字新仮名)
たにし

魂を刳る美(新字新仮名)
たましいをえぐるび

茶美生活(新字新仮名)
ちゃびせいかつ

茶碗蒸し(新字新仮名)
ちゃわんむし

てんぷらの茶漬け(新字新仮名)
てんぷらのちゃづけ

デンマークのビール(新字新仮名)
デンマークのビール

東京で自慢の鮑(新字新仮名)
とうきょうでじまんのあわび

陶芸家を志す者のために ――芸術における人と作品の関係について――(新字新仮名)
とうげいかをこころざすもののために ――げいじゅつにおけるひととさくひんのかんけいについて――

なぜ作陶を志したか(新字新仮名)
なぜさくとうをこころざしたか

納豆の茶漬け(新字新仮名)
なっとうのちゃづけ

鍋料理の話(新字新仮名)
なべりょうりのはなし

伝不習乎(新字新仮名)
ならわざるをつたうるか

握り寿司の名人(新字新仮名)
にぎりずしのめいじん

日本のやきもの(新字新仮名)
にほんのやきもの

日本料理の基礎観念(新字新仮名)
にほんりょうりのきそかんねん

日本料理の要点 ――新雇いの料理人を前にして――(新字新仮名)
にほんりょうりのようてん ――しんやといのりょうりにんをまえにして――

海苔の茶漬け(新字新仮名)
のりのちゃづけ

鱧・穴子・鰻の茶漬け(新字新仮名)
はも・あなご・うなぎのちゃづけ

ハワイの食用蛙(新字新仮名)
ハワイのしょくようがえる

蝦蟇を食べた話(新字新仮名)
ひきがえるをたべたはなし

美食多産期の腹構え(新字新仮名)
びしょくたさんきのはらがまえ

美食と人生(新字新仮名)
びしょくとじんせい

美食七十年の体験(新字新仮名)
びしょくななじゅうねんのたいけん

備前焼(新字新仮名)
びぜんやき

一癖あるどじょう(新字新仮名)
ひとくせあるどじょう

美味放談(新字新仮名)
びみほうだん

河豚食わぬ非常識(新字新仮名)
ふぐくわぬひじょうしき

河豚は毒魚か(新字新仮名)
ふぐはどくぎょか

筆にも口にもつくす(新字新仮名)
ふでにもくちにもつくす

フランス料理について(新字新仮名)
フランスりょうりについて

鮪の茶漬け(新字新仮名)
まぐろのちゃづけ

鮪を食う話(新字新仮名)
まぐろをくうはなし

味覚の美と芸術の美(新字新仮名)
みかくのびとげいじゅつのび

味覚馬鹿(新字新仮名)
みかくばか

道は次第に狭し(新字新仮名)
みちはしだいにせまし

持ち味を生かす(新字新仮名)
もちあじをいかす

湯豆腐のやり方(新字新仮名)
ゆどうふのやりかた

夜寒に火を囲んで懐しい雑炊(新字新仮名)
よさむにひをかこんでなつかしいぞうすい

洛北深泥池の蓴菜(新字新仮名)
らくほくみぞろがいけのじゅんさい

良寛様の書(新字新仮名)
りょうかんさまのしょ

料理一夕話(新字新仮名)
りょうりいっせきばなし

料理芝居(新字新仮名)
りょうりしばい

料理する心(新字新仮名)
りょうりするこころ

料理と食器(新字新仮名)
りょうりとしょっき

料理の第一歩(新字新仮名)
りょうりのだいいっぽ

料理の秘訣(新字新仮名)
りょうりのひけつ

料理の妙味(新字新仮名)
りょうりのみょうみ

料理は道理を料るもの(新字新仮名)
りょうりはどうりをはかるもの

料理メモ(新字新仮名)
りょうりメモ

料理も創作である(新字新仮名)
りょうりもそうさくである

若鮎について(新字新仮名)
わかあゆについて

若鮎の気品を食う(新字新仮名)
わかあゆのきひんをくう

若鮎の塩焼き(新字新仮名)
わかあゆのしおやき

若狭春鯖のなれずし(新字新仮名)
わかさはるさばのなれずし

私の作陶体験は先人をかく観る(新字新仮名)
わたしのさくとうたいけんはせんじんをかくみる

私の陶器製作について(新字新仮名)
わたしのとうきせいさくについて

広告


広告

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko