えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

(最も純粋に意地悪い奴)
(もっともじゅんすいにいじわるいやつ)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「新編中原中也全集 第二巻 詩Ⅱ」 角川書店
2001(平成13)年4月30日
入力者村松洋一
校正者hitsuji
公開 / 更新2019-03-11 / 2019-02-22
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


最も純粋に意地悪い奴。

私は悲劇をみて泣いたことはない
悲劇に遭遇したことのある自分を発見したゞけであつた。

やつぱり形式に於ても経験世界を肯定しなきや
万人の芸術品とは言へないのでせうか?

内容価値と技巧価値は対立してはゐませんよ。
問題となるのは技巧だけです。
内容は技巧以前のものです。
技巧を考慮する男は吃度価値ある内容を持つてゐます。
天才以外の仕事ではないのが此の芸術ですね。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko