えあ草紙・青空図書館 - 作品一覧(正岡 子規)


広告

正岡 子規

あきまろに答ふ(新字旧仮名)
あきまろにこたう

曙覧の歌(新字新仮名)
あけみのうた

(新字新仮名)
いぬ

(新字旧仮名)
いぬ

歌よみに与ふる書(新字旧仮名)
うたよみにあたうるしょ

歌よみに与ふる書(旧字旧仮名)
うたよみにあたうるしょ

歌よみに与ふる書(新字新仮名)
うたよみにあたうるしょ

(新字新仮名)

かけはしの記(新字旧仮名)
かけはしのき

鎌倉一見の記(旧字旧仮名)
かまくらいっけんのき

寒山落木 巻一(旧字旧仮名)
かんざんらくぼく まきいち

句合の月(新字新仮名)
くあわせのつき

九月十四日の朝(新字新仮名)
くがつじゅうよっかのあさ

九月十四日の朝(旧字旧仮名)
くがつじゅうよっかのあさ

くだもの(新字新仮名)
くだもの

熊手と提灯(新字新仮名)
くまでとちょうちん

雲の日記(新字旧仮名)
くものにっき

(新字新仮名)
こい

権助の恋(新字新仮名)
ごんすけのこい

(新字新仮名)
さけ

字余りの和歌俳句(旧字旧仮名)
じあまりのわかはいく

刺客蚊公之墓碑銘 柩に収めて東都の俳人に送る(新字旧仮名)
しかくかこうのぼひめい ひつぎにおさめてとうとのはいじんにおくる

死後(新字新仮名)
しご

車上の春光(新字新仮名)
しゃじょうのしゅんこう

従軍紀事(新字旧仮名)
じゅうぐんきじ

小園の記(新字旧仮名)
しょうえんのき

すゞし(新字旧仮名)
すずし

高尾紀行(旧字旧仮名)
たかおきこう

(新字旧仮名)
たび

旅の旅の旅(新字新仮名)
たびのたびのたび

(新字旧仮名)
ちょう

土達磨を毀つ辞(新字旧仮名)
つちだるまをこぼつじ

東西南北序(旧字旧仮名)
とうざいなんぼくじょ

読書弁(新字旧仮名)
どくしょべん

徒歩旅行を読む(新字新仮名)
とほりょこうをよむ

夏の夜の音(新字旧仮名)
なつのよのおと

日光の紅葉(新字旧仮名)
にっこうのこうよう

俳諧大要(新字旧仮名)
はいかいたいよう

俳句上の京と江戸(新字新仮名)
はいくじょうのきょうとえど

俳句の初歩(新字旧仮名)
はいくのしょほ

俳人蕪村(新字新仮名)
はいじんぶそん

俳人蕪村(新字旧仮名)
はいじんぶそん

(新字旧仮名)
はか

(新字新仮名)
はか

初夢(新字新仮名)
はつゆめ

花枕(旧字旧仮名)
はなまくら

煩悶(新字新仮名)
はんもん

人々に答ふ(新字旧仮名)
ひとびとにこたう

病牀苦語(新字新仮名)
びょうしょうくご

病牀瑣事(新字旧仮名)
びょうしょうさじ

病牀譫語(新字旧仮名)
びょうしょうせんご

病牀六尺(新字旧仮名)
びょうしょうろくしゃく

再び歌よみに与ふる書(新字旧仮名)
ふたたびうたよみにあたうるしょ

古池の句の弁(新字旧仮名)
ふるいけのくのべん

ベースボール(新字新仮名)
ベースボール

墨汁一滴(新字旧仮名)
ぼくじゅういってき

万葉集巻十六(旧字旧仮名)
まんようしゅうまきじゅうろく

万葉集を読む(旧字旧仮名)
まんようしゅうをよむ

明治卅三年十月十五日記事(新字旧仮名)
めいじさんじゅうさんねんじゅうがつじゅうごにちきじ

飯待つ間(新字新仮名)
めしまつま

(新字新仮名)
やまい

闇汁図解(旧字旧仮名)
やみじるずかい

(新字新仮名)
ゆめ

夜寒十句(新字旧仮名)
よさむじっく

四百年後の東京(新字旧仮名)
よんひゃくねんごのとうきょう

ラムプの影(新字旧仮名)
ランプのかげ

ランプの影(新字新仮名)
ランプのかげ

わが幼時の美感(新字旧仮名)
わがようじのびかん

広告


広告

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko