えあ草紙・青空図書館 - 作品一覧(中井 正一)


広告

中井 正一

新しい神話を追い求めつつ(新字新仮名)
あたらしいしんわをおいもとめつつ

生きている空間 ――映画空間論への序曲(新字新仮名)
いきているくうかん ――えいがくうかんろんへのじょきょく

うつす(新字新仮名)
うつす

生まれ変った赤坂離宮(新字新仮名)
うまれかわったあかさかりきゅう

映画と季感(新字新仮名)
えいがときかん

映画のもつ文法(新字新仮名)
えいがのもつぶんぽう

絵画の不安(新字新仮名)
かいがのふあん

過剰の意識(新字新仮名)
かじょうのいしき

カットの文法(新字新仮名)
カットのぶんぽう

(新字新仮名)
かべ

機構への挑戦 ――「場所」から「働き」へ――(新字新仮名)
きこうへのちょうせん ――「ばしょ」から「はたらき」へ――

巨像を彫るもの(新字新仮名)
きょぞうをほるもの

霧の中のヨードル(新字新仮名)
きりのなかのヨードル

芸術の人間学的考察(新字新仮名)
げいじゅつのにんげんがくてきこうさつ

言語は生きている(新字新仮名)
げんごはいきている

現代美学の危機と映画理論(新字新仮名)
げんだいびがくのききとえいがりろん

国立国会図書館(新字新仮名)
こくりつこっかいとしょかん

国立国会図書館について(新字新仮名)
こくりつこっかいとしょかんについて

国会図書館のこのごろ(新字新仮名)
こっかいとしょかんのこのごろ

国会図書館の窓から(新字新仮名)
こっかいとしょかんのまどから

色彩映画の思い出(新字新仮名)
しきさいえいがのおもいで

色彩映画のシナリオ(新字新仮名)
しきさいえいがのシナリオ

実践について ――馬になった話――(新字新仮名)
じっせんについて ――うまになったはなし――

支部図書館三周年に寄せて(新字新仮名)
しぶとしょかんさんしゅうねんによせて

集団文化と読書(新字新仮名)
しゅうだんぶんかとどくしょ

少年に文化を嗣ぐこゝろを(旧字新仮名)
しょうねんにぶんかをつぐこころを

真理を求めて ――平和祭に寄す(新字新仮名)
しんりをもとめて ――へいわさいによす

スポーツの美的要素(新字新仮名)
スポーツのびてきようそ

組織としての図書館へ ――マックリーシュの業績――(新字新仮名)
そしきとしてのとしょかんへ ――マックリーシュのぎょうせき――

大会を終りて(新字新仮名)
たいかいをおわりて

大衆の知恵(新字新仮名)
たいしゅうのちえ

脱出と回帰(新字新仮名)
だっしゅつとかいき

探偵小説の芸術性 ――文学のメカニズム――(新字新仮名)
たんていしょうせつのげいじゅつせい ――ぶんがくのメカニズム――

「壇」の解体(新字新仮名)
「だん」のかいたい

蓄音器の針(新字新仮名)
ちくおんきのはり

知識と政治との遊離(新字新仮名)
ちしきとせいじとのゆうり

地方の青年についての報告(新字新仮名)
ちほうのせいねんについてのほうこく

地方文化運動報告 ――尾道市図書館より――(新字新仮名)
ちほうぶんかうんどうほうこく ――おのみちしとしょかんより――

調査機関(新字新仮名)
ちょうさきかん

聴衆0の講演会(新字新仮名)
ちょうしゅうゼロのこうえんかい

図書館協会六十周年に寄せて ――大衆に奉仕する一大組織体へ(新字新仮名)
としょかんきょうかいろくじっしゅうねんによせて ――たいしゅうにほうしするいちだいそしきたいへ

図書館に生きる道(新字新仮名)
としょかんにいきるみち

図書館の未来像(新字新仮名)
としょかんのみらいぞう

図書館法楽屋話(新字新仮名)
としょかんほうがくやばなし

図書館法ついに通過せり(新字新仮名)
としょかんほうついにつうかせり

図書館法と出版界(新字新仮名)
としょかんほうとしゅっぱんかい

図書館法の成立 ――燃えひろがる火は点ぜられた――(新字新仮名)
としょかんほうのせいりつ ――もえひろがるひはてんぜられた――

図書館法を地方の万人の手に(新字新仮名)
としょかんほうをちほうのばんにんのてに

二十世紀の頂における図書館の意味(新字新仮名)
にじっせいきのいただきにおけるとしょかんのいみ

野に山にかかる虹の橋(新字新仮名)
のにやまにかかるにじのはし

美学入門(新字新仮名)
びがくにゅうもん

物理的集団的性格(新字新仮名)
ぶつりてきしゅうだんてきせいかく

「焚書時代」の出現(新字新仮名)
「ふんしょじだい」のしゅつげん

「焚書時代」を脱却 ――図書館法成立にあたって(新字新仮名)
「ふんしょじだい」をだっきゃく ――としょかんほうせいりつにあたって

「見ること」の意味(新字新仮名)
「みること」のいみ

民族の血管 ――出版機構は常に新鮮に――(新字新仮名)
みんぞくのけっかん ――しゅっぱんきこうはつねにしんせんに――

(旧字旧仮名)
ゆき

リズムの構造(新字新仮名)
リズムのこうぞう

「良書普及運動」に寄せて(新字新仮名)
「りょうしょふきゅううんどう」によせて

歴史の流れの中の図書館 ――個人的なものから集団的なものへ――(新字新仮名)
れきしのながれのなかのとしょかん ――こじんてきなものからしゅうだんてきなものへ――

レンズとフィルム ――それも一つの性格である――(新字新仮名)
レンズとフィルム ――それもひとつのせいかくである――

広告


広告

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko